FC2ブログ
 
■検索フォーム(日記内)

■プロフィール

そら☆てん

Author:そら☆てん
<主な出演者>
・そら☆てん
  働き盛りのヒゲオヤジ!
  そらを飼い始めて趣味がゴルフ
  から犬に変更…

・そら
  ジャックラッセル ♀ 2011.2.2
  ボール大好きサッカー犬。
  わがまま長女。

・てん
  ジャックラッセル ♀ 2012.7.20
  運命でそらの妹に…
  (血統書を調べたらそらの親戚
   だった!)
  二女は、姉を見て学ぶ…

・妻
  趣味はお酒!
  妻の写真を載せる時は許可が
  必要…

■お気に入り動画

そらとてんの動画エリアです。 お暇な時にどうぞ~

■インスタグラム

最近、ブログを更新していないにインスタグラムを始めてしまいました…

Powered by 複眼RSS

■最新記事
■最新コメント
■月別(出来事順)
■月別(投稿順)
■・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『そら、今日、手術。』~電話が鳴らなーいっ!~
前回からのつづき-

昨日、そらは手術を受けました。

その日の日記です。


<いよいよ手術当日>

今日の朝は、そらとてんにとって、いつもの朝と同じ朝を迎えていました。

でも、ヒゲオヤジと妻にとっては、いつもの朝ではありません。

は仕事に行くのを少し遅らせ、の膝蓋骨脱臼手術を受けさせるため、病院まで送る事にしました。



毎日、てんは仕事に出るの「お見送り」をするためにと一緒に起きます。

でも、いつもは布団からの「お見送り」なんです。

今日の朝も8時になるというのに布団の中から出てきませんでした…

これから、自分の身に何が起こるか分かっていないようですね。


DSC_1323.jpg
 「そら~、そろそろ出発するよ」

 「んっ?まだ、眠いの…」



今日のは、朝食抜きです。
運命共同体のも朝食はお預けです。

そして8時過ぎには診察券を持って、車で病院に向かいました。

 「今日はどこに遊びにいくの?」

 「オモチャ持っていくの忘れないでね!」




<病院到着>

は、病院に着くと直ぐに分かったようです。

は病院から反対の方に歩きだし、自力で家に帰るつもりのようです。


DSC_1334.jpg
 「姉ちゃん?何処行くの??」

 「オ、オモチャ忘れたから帰るの~っ」



DSC_1339.jpg
 「そら~、もう分かってるよね?
   毎日、お見舞いに来るからね。
   がんばるんだよ!」

 「か、母ちゃん、く、苦しいよ…」


DSC_1348.jpg
 「なんか嫌な予感がする…
   今日は、てんじゃなくてわたしなの?」


DSC_1351.jpg
先生 「〇〇そらちゃん、どうぞお入りくださーい」

 「呼ばれた…」


DSC_1352.jpg
 「やっぱり、わたしなのね…」

 「さー、行こうか」


1417563392663.jpg
 「先生、お願いします。」

 「ほらっ、抵抗しない!」

 「ブルブルッ、ブルブルッ


1417563371587.jpg
先生 「はい、そらちゃん。
   脚見せてごらん~」

 「ガタガタッ、ガタガタッ」

 「先生、お願いします…」




<電話が鳴らなーいっ!>

はこの後、採血されたり、レントゲンを撮られたりした後、病院の休診時間で手術されるとのことだったので、を連れて帰り、は仕事に行きました。

手術が終われば、病院からの連絡が自宅に入り面会できるとのこと。

当然、病院から自宅に連絡が入れば妻からの連絡が入るはず…、
でも、午後の診察時間の3時になっても連絡が入らない…

それから連絡が入った、4時半までの1時間半はとても永く感じました。

も同じ気持ちだったようです。



から自宅のへ連絡があり、からへの無事に手術が終わったとの連絡が入った時、いつの間にか入っていた肩の力が一気に抜けた感じでした。

 「ホッ……」





<やっぱり、見舞いに行こう>

仕事を終えたは、の待つ病院へと一緒に向かいました。

今日は全く仕事に集中できませんでしたね…


病院に着くと、診察室に通され手術の説明を受けました。

が受けた手術の内容とは、

・膝の溝を深く削り、膝蓋骨が滑車溝を乗り越え難くした。

・膝蓋骨を正しい位置に保持するため、お皿の横に有る靱帯を適切な長さに縫い縮めて外れ難くした。

・脛骨(けいこつ:向こうずねの骨)に穴を開け糸を通し、その糸の反対を大腿骨と結び頸骨が外側に向かないようにした。

とのことです。(たぶんこれで間違いないと思う…)


1417594750564.jpg
先生にとても分かりやすく丁寧に説明して頂きました。

先生曰く、の右脚の筋肉は脚の太さが変わる位、大分落ちていたとのこと。
怪我をしてから右脚をかばって生活していたのではないか?
と言う事でした。

 「へー、気が付きませんでした。」


1417595007200.jpg
これは横から撮ったレントゲン写真。

拡大すると…


14175950072001.jpg
 「うわっ、ほんとに穴が開いてる~!」



<いよいよご対面>


詳しい手術内容の説明を受けた後、いよいよの待つ部屋に通されました。

にとっては、避妊手術以来のステンレス製のお部屋です。

は、生後4年弱で2回の手術を経験しました。

は、生後4〇年経つの手術をしたことが有りません。

ある意味、よりのほうが先輩ですね。


の入っているケージの前に立つと、ぼーっと立ってこちらを見ていました。

に気が付くと、とってもカラフルなバンテージに巻かれたがゆっくり尻尾を振りながら近寄ってきました。


1417595571954.jpg
まだ、麻酔が完全に抜けていないのか、
それとも、目が覚めたら、エリザベスカラーを着けられ、脚が水色とピンクになっていることを受け止められていないのか、
キョトンとしていました。

背中近くの毛を剃られ、シール状の痛み止め薬を貼られていました。



1417595605707.jpg
 「そら~、だいじょうぶ?」

 「よく、がんばったなー、そら~」

 「??……」

先生が付き添っているにもかかわらず、にいろんな甘い言葉を語りかけてる親バカ夫婦。

他にも親バカセリフを言ったけど、はずかしいのでこれ位にしておきます


先生もそれを察したのか、

先生 「そらちゃんは、とても落ち着いているので術後3日間は、面会できないかもと言いましたが、明日も面会に来ていいですよ。」

というありがたい言葉を頂きました。

親バカ飼い主 「そんなこと言われたら、明日から毎日来ちゃいますよ~

先生 「い、いいですよ


という事で、今日から毎日お見舞いに行くつもりの飼い主です。

我が家と一緒の犬漬け飼い主の皆さん、どう思います~?


-つづく-




只今、ひとりぽっちのの応援、お願いしますね~
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:ジャックラッセルテリア - ジャンル:ペット

2014年 12月 | 16:30:39 | トラックバック(0) | コメント(8)
『そら、入院、4日目。』~てん、ダメージ有り~
てん 「あたしも世界で一番かわいいでしょ?」

 「そうでした…うちには世界で一番かわいいワンコがもう1頭いました…」


どうも、皆さん家のワンコは3番目に可愛いと思っている親バカ飼い主です
(*^^)v


PA100850.jpg
 「最近、あたしの事忘れてな~い?
   かまってくれないと、スネチャウヨ…」






<てん、ダメージ有り>

前回からのつづき-

そらが入院した日から家の中がとても静かになりました。

普段は、家の外で物音がすると凄い勢いで窓際前に陣取り、「ワンワンッ・ワンワンッ!」と吠えたて、家族に危険(?)を教えてくれます。
特にバイクの排気音とワンコの鳴き声には敏感で、外に向かって吠えた後、部屋の中にいる家族に向かって吠えるんです。
「キャンキャンッ、キャンキャンッ(外に怪しい奴がいるよ!)」って感じでね…


そんなが入院した当日は恐ろしいほど静かでした。

とずっと一緒にいた妻が異変を教えてくれました。

仕事から帰ってきたの異変にすぐ気が付きましたよ。


DSC_1368.jpg
 「てんちゃん、どうしたっ!
   そらが居なくて寂しくなっちゃたか?

   ほらっ!、てんの大好きなオモチャで遊ぼうよ!
   さぁーさぁー」

 「……。」






DSC_1369.jpg
 「てんちゃん!そんなに落ち込むなよ…
   家の中が暗くなっちゃうよ!

   ほらっ!てんの大好きなおもちゃで遊ぼうよ~
   ねぇ~、ねぇ~」

 「………。」

いたずらしておもちゃを頭に載せてもこんな感じでした。

 「てんも、そらが居なくて寂しいんだね…」

もダメージ有りのようです…






<入院4日目>

そら、入院から4日目が経ちました。
結局、手術後、毎日お見舞いしています。

手術の翌日は、仕事を終えた後病院に向かいました。
病院へ車で向かっている途中、病院が休診日なので面会できない事に気が付きました。
でも、会えないことが分かっているのに、そのまま車を病院まで走らせていました。
病院に着くと、そらに一番近づける所まで車を寄せて、そらが向こうにいると思われる壁の外からお見舞いしておきました。
だから手術後は、毎日お見舞いしているんです。

今日は、の動画を撮ってきたので、皆さんもそらに面会してあげて下さい。
どうか「ピーッ、ピーッ」泣いてるを慰めてあげてくださいね~


※音に注意して下さい。

まだ、柵越しにしか面会できないんです。
柵越しに指を差し出してもヒゲにしか触れられません。
早く抱っこしてやりたいけど、もう少し我慢ですね。
 がんばれ、そら~
 負けるな、そら~
 泣くな、飼い主~

今後はきっと、明るく楽しい日記になるはず!
お付き合いくださいね~

-つづく-




寂しがり屋ちゃんの応援もお願いしますね~
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村


テーマ:ジャックラッセルテリア - ジャンル:ペット

2014年 12月 | 21:46:37 | トラックバック(0) | コメント(2)
『そら、入院、6日目』~只今、便秘中~
<飼い主の欲求は満たされました。>

週末働いたヒゲオヤジは、平日に休みが取れました。

近くのカフェへ妻と一緒にランチを食べに出かけることになりました。

最初、行こうと思ったお店は、犬連れNG。

てんは家に留守番させるつもりでした。


が出かける準備をしているうちにのお出かけモードがマックスになってしまい、急きょ、テラスなら犬連れOKのお店に変更です。

こんな状態でだけ家に置いて行ったら家出する事間違い無しなので、やむを得ないですね。

今日のお出かけは、が自ら開けた小窓付きのそら専用クレートに載せて出発です。

DSC_1402.jpg
 「あたしのゴハンが有るお店にちゃんと行くか見張ってなきゃ!」

 「てんちゃん、今日はてんのゴハンは無いお店なの…
   ゴメンネ…」




今日ランチを食べに行ったのは、千葉市美浜区新港にある

「Mother Moon Cafe 美浜店」

DSC_1394.jpg
このお店は、工業地帯の中に有るにも関わらず、この店の敷地内だけは別空間。



隣には、が大好きな雑貨や家具のお店、

「TIMBER YARD」が有ります。

DSC_1401.jpg
平日なのにランチタイムは、テラスも満席!

テラス席を待っている間、はTIMBER YARDでショッピング。

今日は最近の寒さに比べ、風も冷たくなくお散歩日和。

は、近くの工場地帯を散歩して待ちました。


DSC_127499.jpg
うちが注文することが多いのがパスタランチ「ダイヤモンドポークのラグー・ビアンコ」と「渡り蟹のトマトクリームソース」。
サラダとバゲットと飲み物が付いて1,320円。(写真のパスタは大盛どす…)
いつも飲み物はラテアートが楽しみだからホットカプチーノを注文します。
セットケーキも注文しました。(甘いものは別腹どす…)



DSC_1388.jpg
 「どうせあたしには、何もくれないんでしょ?
    写真撮ったら、早く下に降ろしてっ!

 「……


この後の欲求を満たすため、ちゃんとロング散歩しました。

 「てんちゃん?
    食の欲求は満たされてないけど、散歩の希望はかなえたよな?
    悪く思わないでね…」






<そら、入院、6日目。>

今日の夕方も、そらのお見舞いにで行ってきました。
(相変らずはお留守番です…)

今日は、バンテージが外されるとのことなので、もしかしたらケージから出して抱っこできるかもしれないと、は勝手に期待したりして…。
(今日のところ、夢は叶いませんでした…)


病院へと一緒に行く時は、受付にだけ行ってもらい、は病院の外で待つようにしています。

ヒゲのオヤジが毎日受付の看護師さんに

「そ、そらのお見舞いに来ました~」って言うのは、

日記(ブログ)では犬漬け飼い主を公言しているですが、人前だととても恥ずかしいのです。

が受付を済ますと看護師さん、または先生が入院部屋まで引率して頂きます。

は、看護師さんに引率されるの後にくっ付いて、部屋まで付いていきます。

(少しでも親バカ飼い主を隠したいのです…)


部屋に通された後も、看護師さん、または先生が面会にずっと立ち合うのです。

が、先にと顔を合わせ手を差し伸べ触れた後、の番が回ってきます。

柵の隙間に指を軽く入れ、毎回同じセリフ…

 「そら、元気かい?がんばれよ!」

と話しかけます。

でも、の本心は柵の隙間から両手の指を入れられるだけ押し込みを引き寄せ、の顔を柵に押し付けてに頬擦りしたいのです。

の心の叫び 「看護師さん!ちょっとでいいからと二人っきりにしてくれませんかね~」

そんなことは、恥ずかしすぎて話せませんね…


DSC_1411.jpg
 「なんか、母ちゃんの手、美味しそうな匂いがする~?
   わたしに内緒で美味しいもの食べてきたでしょ?
   ズルイ~




入院後、看護師さんに毎日聞いていることが有ります。

 「今日は、ウンチしましたか?」

看護師さん 「まだしてません…」

 「そうですか…」

入院する朝にウンチをした後、6日間経っても一度もしていないそうです。

手術日当日は食事は与えず、点滴での栄養補給だったようですが、翌日からはご飯を食べさせているそうです。

それなのにウンチしていないなんて大丈夫なのかな?

最近のは、そのことが心配です。

「明日は、ちゃんと出ますように…」


-つづく-




便秘に苦しむの応援お願いしま~す
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村



テーマ:ジャックラッセルテリア - ジャンル:ペット

2014年 12月 | 12:00:00 | トラックバック(0) | コメント(8)
『そら、入院、8日目。』~そら腕の中、だけど~
前回からのつづき-


<そら、出ました>

そら、入院7日目にしてウンチ出ました!

前日から始まった数分の散歩訓練の時にしたそうです。

は、自分の部屋を汚すのが嫌だったのかもしれませんね。

なんて、うちの子は出来た子なんでしょう!さっそく親バカ炸裂!


一週間ぶりのウンチが出た時は、さぞかしすっきりした事でしょうね。

ヨカッタ、ヨカッタ…





毎日欠かさないお見舞い。

いよいよ今日の面会で、を抱っこすることができました。

一週間ぶりにの腕の中…

その時の様子です。


<一週間ぶりに、そら腕の中…>

明日の面会は、病院の休診日なので出来ません。

また、休診日なのに病院の壁越しお見舞いをしたら、お散歩友達によりの方が心配されてしまうでしょう…

だから、恥ずかしがり屋のは、勇気を振り絞って先生に聞きました。

 「あ、明日は会えないので、そ、そらを抱っこできませんか!?」

先生 「いいですよ~

 「

と、結構あっけなく抱っこの了解が得られました。

だったらもっと早く聞いてみれば良かった…


まず始めに妻が抱きかかえました。

に抱きあげられたは尻尾を激しく振っています。


DSC_1433.jpg
手術した右脚は赤みを帯びていてちょっと痛々しく感じました。

毛が無いせいかもしれないけど、脚も大分細くなった感じです。



少しの間に抱きかかえられていると、の後ろで看護師さんがワンコご飯の用意を始めました。

すると、の包容に満足したは、ご飯の方ばかり見ています。


DSC_1436.jpg
ご飯の事しか気にならなくなってしまった

が構えるカメラに背を向けてこっちなんか見やしません…




そしていよいよ、の一週間ぶりの「抱擁」の瞬間です。

にスマホを渡し、感動のシーンを撮ってもらいます。

で、撮れた写真がこれ…


DSC_1438.jpg
題名 「そらと犬バカの抱擁」


一見、のことを微笑ましく見つめると、カメラを構えるに視線を合わせるに見えますが…

よく見ると、はご飯を用意する看護師さんに目が釘付けになっています。


の心の叫び 「看護師さん!ちょっとでいいからと二人っきりにしてくれませんかね~」

確か2日前も同じことを言ったような気がします


この後のは素直にケージに戻り、看護師さんの作るご飯を待ちわびていたことは言うまでも有りませんね…



-つづく?



の飼い主への愛情の薄さに悩むに応援お願いします
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村


テーマ:ジャックラッセルテリア - ジャンル:ペット

2014年 12月 | 14:42:43 | トラックバック(0) | コメント(8)
『そら、入院、11日目。』~そら、病院に慣れました~
前回からのつづき-


<そら、入院11日目>

毎日欠かさなかった面会…

一昨日は病院の休診日なので当然面会無し。
昨日はヒゲオヤジは診察時間に間に合わず妻だけに会ってきました。

よって、今日はにとって2日ぶりにと会ってきました。

そらは、順調に回復しているとのことです。

病院にもだいぶ慣れたようで声を震わせての「ピッ」もちょっとだけになりました。

病院での散歩訓練では、わがままの「わたし、歩かない~。病院に帰る~。」で先生や看護師の方々に甘えているようです。
それには、先生や看護師の方々にも手を煩わさせているようで病院から連れ出す時は抱っこで離れ、病院への帰り道だけ歩いているようです。
 「先生、看護師さん、うちのが面倒かけてます…


そんなは、病院のご飯をちゃんと食べているとの事ですが、入院する時には5.0㎏だった体重が4.2㎏まで減っているようです。
ほぼケージの中に閉じ込められている毎日なのに何故なんでしょうね?

ご飯を適量食べさせてもらっているはずだから、普段の家ご飯の量が多いのか?または、おやつを食べすぎているのか?のどちらかでしょうね…


DSC_1470.jpg
5.0㎏が4.2㎏まで減ると抱っこしても明らかに軽く感じます。

背中を触ると肉も無くなり、背骨のゴツゴツした感じがはっきり分かります。

なんで痩せたのかな?




DSC_1471.jpg
今日は、バンソコがはがされていたので、手術跡がしっかり分かりました。
縫った糸が痛々しいけど、傷口は化膿もせず綺麗な状態の様ですね。



この日記を書きあげた今日、いよいよは退院です。

これから迎えに行ってきますね。

 「もう少しで家に帰れるぞ!
    そら待ってろよ。
    今、迎えに行くからな~


-つづく-




にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村


テーマ:ジャックラッセルテリア - ジャンル:ペット

2014年 12月 | 15:07:57 | トラックバック(0) | コメント(10)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。