FC2ブログ
 
■検索フォーム(日記内)

■プロフィール

そら☆てん

Author:そら☆てん
<主な出演者>
・そら☆てん
  働き盛りのヒゲオヤジ!
  そらを飼い始めて趣味がゴルフ
  から犬に変更…

・そら
  ジャックラッセル ♀ 2011.2.2
  ボール大好きサッカー犬。
  わがまま長女。

・てん
  ジャックラッセル ♀ 2012.7.20
  運命でそらの妹に…
  (血統書を調べたらそらの親戚
   だった!)
  二女は、姉を見て学ぶ…

・妻
  趣味はお酒!
  妻の写真を載せる時は許可が
  必要…

■お気に入り動画

そらとてんの動画エリアです。 お暇な時にどうぞ~

■インスタグラム

最近、ブログを更新していないにインスタグラムを始めてしまいました…

Powered by 複眼RSS

■最新記事
■最新コメント
■月別(出来事順)
■月別(投稿順)
■・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『膝蓋骨脱臼その1』~そらの怪我が治りますように~
<そら、怪我しました>


久しぶりの日記なのにちょっと暗い話です…

10月初旬にそらが怪我をしてしまいました。

右後ろ足の『膝蓋骨脱臼』という怪我。

ジャックラッセル等の小型犬にとても多い怪我だそうです。

現在進行形の怪我なので、今、日記を書くのはどうしようかと考えましたが、

お散歩友達や、そらの事を知って下さっている方に怪我の症状を正確にお知らせしたいのと、

ジャックラッセルで同じ怪我を経験した方にアドバイスや経験談を教えてもらえれたらいいなと思って日記を書くことにしました。


※ これから書く日記は、この怪我に知識のないヒゲオヤジが書きますので、間違ってることを書いてしまうかもしれません。

ご了承ください。

ただし、犬漬け飼い主は3才8ヶ月のそらにとって、最善の治療をさせていくつもりですので、どうぞよろしくお願いします。





<10月初旬の事でした>

は3才8ヶ月、人間だと30才位だそうです。

いつものように日課である室内でボールを使ったドリブルで遊んでました。

は何故だかわからないけど、ドリブルするときはタオルケットなどの布を口にくわえながらするのが好きなんです。

どうやら、そのタオルケットに脚を捕られて怪我したようです。

怪我をした当日は、ちょっと歩くだけでケンケンしてました。


PA100837.jpg
普段からの横座りは見慣れているけど、膝に違和感が有るようです。


PA100840.jpg
この時点で、自分にはの膝の皿が何処に有るのか分かりませんでした。



<怪我の翌日、病院へ>

怪我をした日は掛かり付けの病院が休診日だったので、翌朝、病院に連れて行きました。

先生の診断は「膝蓋骨脱臼ですね」とのこと。

膝蓋骨脱臼には、先天性と後天性が有るそうです。

先生曰く、はもともと皿が外れやすい子では無く、後天性の物だそうです。

初診日は1週間分の痛み止めを処方してもらい、様子を見ることになりました。

散歩はやめて安静にしなさいとのことです。

DSC_11759.jpg
分かりにくいですが、右足の梅干しの種みたいな皿が内側にずれている状態。
「膝蓋骨内方脱臼」だそうです。


DSC_11779.jpg
実際に先生が皿を「コリッ」と外したり、入れたりして説明して頂きました。



<怪我の翌日~一週間目>

翌日から一週間、オヤジとてんだけで散歩することになりました。

は、妻と留守番。

散歩に出かける間際のは、いつものように嬉しそうに舌を出しながらにつきまといます。

そのを家に残して出発する時は、とても辛い時です。

窓ガラス越しにを見つめるんです。

 「なんで、わたしだけ置いて行くの?なんで~?」
って感じでね…


いつもは、散歩の最終目的地である公園で、沢山の友達からおやつを頂いたり、
沢山のワンコと挨拶をしたり、遊んでもらったりしています。

そのお友達から、

「あれっ?そらちゃんは、どうしたの?」と聞かれ、怪我の症状を説明しました。

皆さんからとても心配して頂きました。

きっと、が怪我してもこんな沢山の方に心配してもらえないでしょう…

は、幸せ者です。

皆さん、ありがとう。



<怪我から2週間目>

と全く散歩をしなかった1週間が経ちました。

こんな長い日数を散歩しなかったのは、避妊手術以来です。

この日はと久々の外出でしたが、もちろん病院での検診でした。

この一週間安静にさせていたとはいえ、家の中で走ろうとしたり急な方向転換をしてしまいます。

そうすると膝が外れケンケンしちゃうんです。

その先生に伝え、いろいろ相談した結果、手術を1週間後に行う事に決めました。



この怪我は、自然治癒することは難しいとのことです。

体重の軽い小型犬で稀にお皿が外れなくなる場合が有るそうですが、

ジャックラッセルは小型でも意外と体重が有るし、激しく走り回るワンコが多いから、

これからも膝に負担が掛かる事を考え、手術するほうがよいであろうと先生に勧められ、飼い主もそう思いました。

膝蓋骨脱臼の症状が進行すると、靭帯や骨に影響が出てしまい大きな手術になってしまう場合もあるようです。


PA100860.jpg
病院から家に戻り、を並べて写真を撮りました。
明らかに飼い主の気持ちを読み取り、不安な顔になっています。


PA100851.jpg
 「そら~
    来週、手術になっちまったな…、
    2週間程度も入院するんだってさ…
    耐えられるのかな?オレ……」


PA100850.jpg
 「てん~
    そら姉ちゃん、来週から入院だってさ…
    これからの散歩もしばらく、そらはいないんだよ…
    つまらないね~、オレ……」

-つづく-


応援、お願いします
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

テーマ:ジャックラッセルテリア - ジャンル:ペット

2014年 10月 | 00:11:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。